第六期プロフェッショナルコーチトレーニングが終了しました

第六期プロフェッショナルコーチトレーニングも前回終わり、壮絶な余韻とともに試験までの期間を過ごしています。

プロフェッショナルコーチトレーニングは、TCS認定コーチの中でもトレーニング受講資格(開講実績等)を持つ、一部のコーチが参加するトレーニング。私は第五期から参加をさせて頂いていますが、約一年前にトレーニングを受けたときとはまた違う感覚が芽生えています。

このトレーニングは、TCS(トラストコーチングスクール)の代表、馬場啓介コーチが全回担当される、TCS認定コーチトレーニングを除いては唯一のものですが、第五回、第六回とともに、試験に受かることよりも、トレーニングに参加する中で何を感じ学び取れたのかこそが大切といったお話しをしてくださっています。

そして、その言葉の意味が昨年よりも今年の方が、より深く実感を持って自分に刺さるなぁと。

いや、なんかね。試験と言えば、受かってなんぼ。みたいな考え方が当時の私にはとても根強かったし、(なんなら合格して、資格がとれるからこそ意味があるんじゃ…)みたいな風に思ってるふしがあったと思うんです。笑

だけど、今はそこに向かって積み重ねた自分の努力や、その中で本当に身についた実力こそが、宝物なんだなぁと思います。

私がこのトレーニングに今年も参加を即決したのは、同じ時間を共有しようとしてくださるクライアントさんとの時間の中、またこれから一緒に仲間と実現していきたいことを描くなかで、怖いほどに自分がもっと倍速で成長しなくては!という思わせていただいているから。

これは、きれいごと抜きで本当にそうで、言い換えるとまだまだ自分にのびしろがあるって思っているということなんでしょうね。つくづく、自分の枠という安全地帯から引っ張り出してくれるのは、自分以外の誰かの存在なんだなぁ、と思うのです。笑

もし、あなたがコーチングやコーチとして活動してくことに興味を持ってくださっているのなら、いつかぜひプロトレを受けてみてほしいと率直に思います。ときに厳しいけれども愛に溢れるフィードバックの中に、コーチングの可能性と醍醐味を存分に感じてもらえると思うから。

コーチングは、大切な人を応援するためのコミュニケーションスキル。ぜひあなた自身や、大切な誰かを応援するためにコミュニケーションの力を存分に活用してください。

 

 

コーチングを体感しながら、身に着けるトラストコーチングスクール

トラストコーチングスクールについて

 

 

 

関連記事

  1. 自分で自分を整える

  2. 『キングダムで学ぶ最強のコミュニケーション力』

  3. 【TCSお客様のご感想】なぜかいつも、うまくいかなかったあの…

  4. 新しい一歩を踏み出すために、自分らしい選択を知る

  5. 『嫌われる、怒らせる、傷つける』事が怖くて言いたいことを我慢…

  6. 副業禁止だけど、コーチとして活動したい

Profile

TCS認定コーチ/一般社団トラストコーチング法人営業部
藤田 純子(Junko Fujita)


大手人材会社で8年間医療福祉業界の人材サービス業に携わる。手がけたスタートアップのうち、介護職の人材紹介部門はのちに業界トップシェアを獲得。
その後、同社人事部にて教育部門を設置。新人研修、リーダー研修など年間のべ1,500人以上の幅広い社内の人材育成研修を担当する。


現在は、トラストコーチングスクール認定コーチ型研修講師として、企業研修や、ビジネスパーソンへの個人コーチングを提供。