“子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ”-マザーズコーチング-

夏の初版が出版されてから、あれよあれよという間に第5版となりました、『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』。

全国のTSUTAYA書店さまでも大きく取りあげていただいており、関西ではTSUTAYA牧野高校前店にて2月からこちらの本をベースにしたワーク&セミナー+子育て相談会(交流会)を開催させていただくことになりました!

日程などが決まりましたら、お知らせさせて頂きますので関西の方はどうぞお楽しみに。

最近は、マザーズコーチングをこちらの本からお知りいただくことも増えとても嬉しく思っています。子育てだけではなく、ともすれば大人同士のやり取りの中にも出てくるだろう

褒める 怒る 励ます 促す 止める

といった5つのシーンに分けて、何気なくいってしまっているかもしれない悪魔の口ぐせを天使の口ぐせに変換する、視点やコツがまとめられています。

実は先日、私にも”褒める”ということに関して、やってしまったなぁという失敗がありました。チャレンジしていた試験の結果が出るという友人が、『ギリギリだったけれど、合格していたよ』と知らせをくれたときに、常日頃からの頑張りが実ったんだなぁ、ととても嬉しく『頑張っていたものね!本当におめでとう!』とテンション高めに伝えたときのことでした。

ほっとしたけれど、思ってたほど嬉しくないんだ。

といった反応が返ってきたのです。自分の中では、頑張り切れていないくやしさや、本当はもっと高得点で合格できたはずだといった不完全燃焼の想いを抱えていたようです。

当の本人が努力だとは感じていないけれども、こつこつしていた試みを間近で見ていたので、そういった積み重ねの結果だと感じたよと伝えると、ようやく笑顔を見せてくれました。

以前の私なら、『えー!受かったんだからいいじゃん!喜びなよ!』くらい、言ってたかもしれません(笑)

響く伝え方は、10人いれば10とおり。なんだかそんな事を改めて感じて、読み返したくなりました。

Amazonランキングでも児童心理部門で1位に返り咲いたこちらの本。ぜひお手にとってみてくださいね。

マザーズコーチングスクールについてはこちら

関連記事

  1. 一年前の今『鏡の中のぼく』と共にインドへ

  2. ほめ言葉がワンパターン化しやすい理由

  3. 「不機嫌ハラスメント」に出会ったら

  4. マザーズコーチングが35,000人以上のお母さんに選ばれてい…

  5. 【MCS】受講のご感想-子育て『NGワード』-

  6. 小中学生のためのコミュニケーションルーム-たいわ室-

Profile

TCS認定コーチ/一般社団トラストコーチング法人営業部
藤田 純子(Junko Fujita)


大手人材会社で8年間医療福祉業界の人材サービス業に携わる。手がけたスタートアップのうち、介護職の人材紹介部門はのちに業界トップシェアを獲得。
その後、同社人事部にて教育部門を設置。新人研修、リーダー研修など年間のべ1,500人以上の幅広い社内の人材育成研修を担当する。


現在は、トラストコーチングスクール認定コーチ型研修講師として、企業研修や、ビジネスパーソンへの個人コーチングを提供。