【2022年ご挨拶】最初の挑戦をこそっとご報告

新年、明けましておめでとうございます。今年が始まり、早くも1週間が経ちました。本当に早いですね~!

今年はこんな1年にしよう、こんなことを頑張ろうと考えていた人も多いのではないでしょうか^^

私もそんな1人ではありますが(笑)、今年は1月にもう何年ぶりだかわからない、英検を受けます。(実は公式な試験自体何年振りなんだー!?という状態ではあるのですが、隙間時間を見つけてちょこちょこと取り組んでいるところです。)

といってもですね、受けるのは英検2級。

“落ちたら恥ずかしいし、こそっと受けようかな”

と思ったのを正直にお伝えしておきます。笑

英検2級って、高校卒業程度の英語力と言われているそうで、どうりでなんとなーく見覚えのある単語、問題たちなわけです。(そして、普通に間違える 汗)こうやって、一通りの文法なりを見返してみると、穴だらけの知識や雰囲気でなんとなーく、わかったような気がしていたことが多すぎて、、

落ちたらなんか恥ずかしいとか思っていた自分が逆に恥ずかしいぜ!と思うくらい2級の勉強がタメになっています。笑今年、どうしてもやりたいな!と思っていることを考えると、正直かっこ悪いとかどうとかじゃなくて、落ちてる場合じゃない!と自分を鼓舞しながら取り組んでいます。

でね、その中でやっぱり思ったのは、何かに挑戦することはその中に楽しさがあるなぁということ。私にとっての”英語”は、いつか、もっともっと流暢に話せるようになりたいけれど、自分には無理だ…と諦めていたひとつです。

そして、まぁ正直なところ、日本で生活していくにはなくてもそんなに困りませんし、想いはあれど優先度の低いものだったんですよね。。

昨年、トラストコーチングスクールを受けたい!と言ってくれた知人(インド出身)に、なんとかこの大好きなTCS(コーチング)を届けようといろんな方の手を借りたことがひとつのきっかけになって、英語にもう一度取り組んでいこう!と心が決まったわけなのです。

この知人に、TCSを開講したことをきっかけに、トラストコーチングスクールに所属しているたくさんのコーチの手を重ねて、昨年末にはTCS(トラストコーチングスクール)のテキストの英語版が完成しました。

(まだ、本の形にはなっていませんが、そんな日がくるのが今からとっても楽しみです。)

そう考えると、いろんなご縁も感じるし、自分には無理かもしれないと知らない間に作っていた枠から引っ張り出してくれるのは、自分以外の人なのかもと感じます。

 

そんな2022年の幕開けは割と刺激的で、バッタンバッタンとしていますが、今年も楽しんで進んでいきたいな♡

 

2022年、挑戦を楽しみながら大切な人と実現してきたいことがある方には、TCSは迷わずおすすめしています!

ぜひ詳細もご覧になってみてくださいね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

トラストコーチングスクールについてはこちら

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【TCSお客様のご感想】なぜかいつも、うまくいかなかったあの…

  2. 第六期プロフェッショナルコーチトレーニングが終了しました

  3. 人事職で資格をとるなら -コーチングの活用法-

  4. 副業禁止だけど、コーチとして活動したい

  5. 『嫌われる、怒らせる、傷つける』事が怖くて言いたいことを我慢…

  6. 新しい一歩を踏み出すために、自分らしい選択を知る

Profile

TCS認定コーチ/一般社団トラストコーチング法人営業部
藤田 純子(Junko Fujita)


大手人材会社で8年間医療福祉業界の人材サービス業に携わる。手がけたスタートアップのうち、介護職の人材紹介部門はのちに業界トップシェアを獲得。
その後、同社人事部にて教育部門を設置。新人研修、リーダー研修など年間のべ1,500人以上の幅広い社内の人材育成研修を担当する。


現在は、トラストコーチングスクール認定コーチ型研修講師として、企業研修や、ビジネスパーソンへの個人コーチングを提供。